So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドンの観光名所「ビッグベン」がやばい! [海外]

今日Yahoo!ニュースを見てびっくりした!
ビッグベンが傾いているって!

「ビッグベン」というのは、イギリス国会議事堂の
ウェストミンスター宮殿の一角にある
世界で最も有名な時計塔の最も大きな鐘につけられた愛称。

最近問題になっているのが、ビッグベンが傾いてきていて、
今年8月鐘の音に毎時最大6秒の遅れが生じていたことが判明。
6秒って・・・

原因はテムズ川の地盤の弱さと地下鉄工事の影響を受けているとのこと。
じゃあ修理をしたらいいじゃない?ってことだけど、
イギリス議会の発表によると最大4000万ポンド(日本円で約74億円)の見込み。
かんたんな金額ではありませんね。


150年以上も前に建てられ、エレベーターが無く、
時計職人は334段ある階段を上がり時報を聞きながら時刻を合わせている。
修理は地盤だけでなく、エレベーターを付けたりすることになるのだろう。

このビッグベンが毎日正午に奏でるメロディは、日本の学校でお馴染みの
チャイムの基になっているのだって。(キーンコーンカーンコーンです)


私は3回イギリスに行ったことがあるのですが、
ビッグベンを見ると「ロンドンに来たのだなあ」って実感がありました。
イギリス大好きで、以前は関連の本を読みあさったりネットで調べたりしていたけど、
最近ちょっと関心が薄れていたら大変なことになっていたのね。
膨大な修理費ですが、時を刻むのを止めないでほしいです。

タグ:イギリス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感