So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

術前検査、疲れました [病院関連]

先週のことなんですけどね、術前検査。
付き添ってくれる従姉妹と駅前で待ち合わせし、
タクシーで病院へ。

受付していると事務長さんが「術前検査だね。忙しいよ。」
以前昼までかかるって聞いてたからね。
受付票もらったら、いつもはリハビリか診察に
1とか2って書いてある今回は6まであった。

まずCTと肺のレントゲン。
その前に検尿だわ。

次に身長体重計測と採血。
なんとか腕で採血ができた。いつもは手の甲だもん。
と思ったら看護師さんが「あら、貯血があるの?
いいところで採っちゃった。」
イヤな予感。

2階に上がって心電図、肺活量、止血時間計測。
耳に針を刺して血が止まる時間を計る。

1階に戻り診察。優先してくれたのか待ち時間は少なかった。
以前いただいた手術の説明書を元に
まず従姉妹に私の状態を説明。
次に手術のリスクについて説明。
脱臼とか感染等を。

私から切る方向や膝のことを質問。
右膝の水を抜いてもらった。

そして、いよいよ貯血です。
案の定さっき採ったところから採れない((T_T))
探ってみたがダメ。痛いけどグッと我慢。
反対側もダメで結局手の甲から。
時間が関係あるようで、補助の看護師が「現在○分○○ml」。
最低限の200mlがなんとか採れたらしい。

続けて点滴。採った分の栄養補給かな?
時間がかかりそうなので寝ちゃえとうとうとしてたら、
「大丈夫か?気分悪くないか?」と担当医の声。
「は、はい、大丈夫です。」あれ?先生手術ちゃうの?

貯血している時から「手が空いた人から上がってね。」って声がしてて、
上が手術室だから、次の人の貯血が終わったら看護師一人になっちゃった。
そしたらさあ、トイレに行きたくなっちゃって。(-_-;)
点滴を移してもらって、点滴のスタンドゴロゴロとトイレへ。
採血室出たら従姉妹の姿がなく。

終わったら、「入口の椅子で待っててね。従姉妹さん呼んでくるから。」
どうやら時間がかかるから従姉妹を上の階のラウンジに案内してくれたらしい。

終了したのが1時過ぎ。
検査代は1万円超え。ひゃ~。

増血剤の薬をもらい昼食へ。
従姉妹と会うのが久しぶりだったので、
話し込んでしまい従姉妹を長時間拘束してしまった。

その後買い物をするつもりが疲れてて、帰宅。
夕食まで2時間熟睡でしたわ。

いよいよ手術なんだと実感してきました。
次回の貯血の時に病室を見せてもらう予定。
電源とかチェックです。


nice!(0)  コメント(0) 

通勤の電車がつらくなってきました [日々徒然]

膝のサポーターを替えてちょっとだけ楽になりました。
17000円。高かった。
でも、入金確認後購入先から書類が送付され、
病院で記入後申請すれば、還付されるそうです。

最近電車の揺れがこたえるようになってきたので、
朝も優先座席に変えました。
でも、座れません。

以前は女性専用車だったんです。
杖を使って駅まで行き、杖を鞄に入れ乗ってました。
普通電車で2、3駅行くと座れていたから。

でも夏を過ぎた頃から混んできて、
すぐ降りる方の前に立てなくなったのです。
それと長く乗るかたが増えたような?

それで優先座席に座らせていただきたく変更したけど。
明らかにお元気そうな方もいらっしゃるんですけど。
3つ目で降りる方を覚えましたけどね。

先日は私より明らかにご年配の方に譲ってもらって、
申し訳なかったです。

優先座席に甘えちゃダメですか?

帰りは大抵空いているのです。
混んできて、座ったらいいのにと思う時もあるくらい。

そういえば会社の後輩が産休前の大きなお腹でも
朝は譲ってもらえなかったと言ってましたね。
チラッと見て寝たふりとか。

元気な人には電車の揺れのしんどさなんか解らないでしょうが、
甘えちゃダメですか?



nice!(0)  コメント(0) 

膝用サポーターを発注、高い! [病院関連]

少し前医師からサポーターを勧められていたんです。
店頭にあるやつではなく鉄が入ったもの。

2回試用し今日膝周り等を計り正式に発注。
膝の両側に鉄が入っているので、
足を地面に着けた時の膝への負担が減る感じ。

でも動きにくいのはしょうがないか。
値段も約15000円。
出費やわあ。

でも膝は当分これでがんばらなあかんし。
このサポーターを着けるのに
今履いてるパンツじゃピチピチかも。
今のサポーターでも会社で着替えるのに脱げなくて。(-_-;)

私はチビでデブ。
ワイドパンツじゃ・・・
あれってトイレ行ったとき裾が床について汚れないかな?
しまむらに行ってみましょうかね。


手術の準備を始めましょう。
私ってばめんどくさがりやから、ついつい後のばし。
今日高額医療費の申請の説明を聞いて、
来週には役所に行かないと。

あっ、今日通院に使ったタクシーの領収書もらうの忘れたわ。(-_-;)
確定申告にあったほうがいいよね?
こんな調子だものねえ。


nice!(0)  コメント(0) 

手術を決めてから [病院関連]

月曜の会社の朝礼で手術することを伝えました。
その前に上司に伝えた時のことがムカついたので、
昼休み他部署の友人に話したら勘違いされたらしく、
同じ部署の同僚に何でもしゃべるなと注意されちゃった。

反省、反省。
でもかなりへこみました。

休む間共同でしている分が彼女の負担は増えて申し訳ないけど、
私の担当の仕事については拒否された。
彼女が手術入院で1ヶ月休んだときとは
部署の仕事が増え、状況は変わっている。
でも、そんな言い方ってないやん。
あのときは私がしたんだよ。


時間が経つにつれ不安が出てきて。
股関節の手術自体は医師を信頼してます。
でも、その後右膝はどれだけ改善されるのか?

会社へはどのくらいで復帰できるのか?
自分自身のリハビリ次第だとは思うけど。

用意しなきゃいけないもの。
準備しなきゃいけない段取り。
特に父のこと。

もし結婚していたら、パートナーに頼れたかも?
なんて考えたり・・・
あれこれとプチパニック気味かも。

明日の休日は部屋の片づけをしよう。
ともかく動かなきゃね。

nice!(0)  コメント(0) 

手術、決めました [病院関連]

もう手術は避けられない状況になりました。
股関節の痛みはなくても、
十分に動かなければ次々と不具合が出てくる。

転倒後右膝を庇っていたせいか
左股関節に痛みではないが違和感。
右手で杖をつくので肘や肩が凝る。

負のスパイラルですよ。

診察室に入ると先生が開口一番「決心したか」
「はい」

内心「痛みが無ければ手術は推奨しない」
って言ったのは先生やん、と思いましたがね。

仕事の方がお歳暮の処理があるので、
気にはなるのですが、
12月初旬に決定しました。
年内退院の予定、1月会社復帰を目指して、
なるべく休暇期間を短くなるよう。

私一人だったら、12月中旬手術で、
正月休みは病院で上げ膳据え膳がいいけどねえ。

「術前にしっかり筋力をつけよう。
リハビリはやってもやり過ぎることはないよ。」
先生に激をとばされ退室。
プールで歩くのが良いらしいのですが。

11月に術前説明と自己血液採取があります。
高額医療費の申請もしないと。
入院用具の準備もぼちぼちと。
部屋の片付けもしなきゃね。

父のこともあるし、
するべきことを書き出して、
頭のなかを整理してやっていきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -